直観とは?

LIFE STYLE

2019.04.27

直観について

 

 

直観とは
“直ちに観る”意味である

知識でなく、
純粋なる心の眼でみること。

 

 

つまりは
曇りなきまなこ、
ということですね。

 

 

先日、日本民藝館にて
柳 宗悦の直観展へ。

 

民藝とは

実用性
無銘生と職人性
多量性と廉価性
地方性
協業性

がそろっているものと
定義されていて、

 

暮らしに基づく美が
本当の美しさである、と。

花森安治さんも
言っておりましたが、

要するに
愛しているものとの暮らし、
ということでしょうか。

 

 

そして、
直観を使って
暮らしをしていくこと、

そこに
生きるという醍醐味が
あるのではないか?と

思い至るのでした。

 

 

ものが溢れている
今だからこそ
この心の眼が
試されているのかも
しれません。

 

民藝館、
近所なので
ちょこちょこ散歩がてら
覗きにいくのですが、

そこにずっといたくなるような
静けさと空間があって
きづくと長いじかん
ボーっとしてしまうのですが、

ひとりの男性が
2階のベンチで
上むいて口あんぐりあけて
寝ている姿をみて、

おつかれさまです、
と、
つぶやいてしまいました。笑

 

 

ゴールデンウィークが

はじまりますね。

 

皆さまなりに、

楽しんでお過ごしくださいませ。

 

#ハラール #ハラリズム

#ライフスタイル #想いのある暮らし