淡路島の小豆

HALAL

2019.04.25

淡路島の小豆

 

 

先日、淡路島へ一人旅へ。

 

 

 

一人旅の醍醐味は

好きなとき、

好きなだけ寝て、起きて、食べて

歩いたり、休んだり

自分だけのチョイスで

好きなようにできることです。

 

 

だから、

一人旅はやみつきになるんです。

 

 

旅日記は

また後日改めてということで、

今回は淡路島の小豆。

 

 

 

私ごとですが、

お赤飯とか、大福とか、おしることか

小豆に目がないんです。

 

 

そして、

地方に旅行に行くときは

おみやげ屋さんじゃなくて、

地元の直売所で買い物をすることに

しています。

おもしろいものが、

お安くみつけられたりするので。

 

 

このたびは、

淡路の海苔と、卵、蕗味噌と

小豆を買いました。

 

 

帰宅後

卵かけご飯に、

淡路の海苔と蕗味噌をのせ

頂いたのですが

なんて、美味しいのでしょう!と

 

 

幸せな気分に浸ったあと、

 

 

次は淡路島の小豆をそのまんま

2日間ほど水につけて冷蔵庫へ。

それから、土鍋で一気に炊きまして、

完成。

 

 

味はつけずに煮て、

必要な分だけ砂糖を加えたり、

また、小豆のお粥をつくったり。

この小豆粥、お塩とあごだしだけで、

上品な仕上がりのお味に。

 

 

結局のところ、

いつも思うのですが、

素材さえしっかりしていたら

ほんの少し手を加えるだけで

美味しく頂けるものですね。

 

 

本当の自然な状態の”美味しい”を知ると

身体が喜ぶのは、

自然と自分が共鳴するからなのかも

しれないなぁ、と。

 

 

ハラルって本質的には

きっとこういうことなんだろうな、

と思ったりするのでした。